いま暮らCafé×放香堂加琲 オリジナルブレンドコーヒー『いま暮ら珈琲』(ドリップバッグセット)

いま暮らCafé×放香堂加琲 オリジナルブレンドコーヒー『いま暮ら珈琲』(ドリップバッグセット)画像
商品説明
完売しました。
いま暮ら珈琲』期間限定販売(~9月25日)
価格¥2,700(税込)
送料込み

いま暮ら珈琲の特徴
豆の産地として数百年の歴史を持つ"モカマタリ"で有名な、中東イエメンのコーヒー豆を中心にブレンドされ、しっかりとしたコクを持ちながら、華やかな香りも感じる上質な中浅煎りの焙煎に仕上げました。

『いま暮ら珈琲』はブランシエラクラブ「いま暮らCafé」と、神戸元町の「放香堂加琲」がコラボレーションして誕生したオリジナルコーヒーです。
こだわりのコーヒーは日本最古のコーヒー店といわれている「放香堂加琲」の香り高き逸品です。
淹れたてのコーヒーから立ち上がる香りは、優雅なリラックスタイムを約束してくれるでしょう。

『いま暮ら珈琲』はアイスコーヒーにもおすすめです!
※画像はイメージです。
ドリップバッグで普通に抽出した量(120〜180cc)を、氷を多めにしたグラスに注ぐと美味しくお飲みいただけます。コツはすぐに冷やすこと!また、麦茶のように作り置きして冷蔵庫で冷やしておくのもおすすめです!

「放香堂加琲店の歴史」
【放香堂加琲】とは…「日本最古のコーヒー店」といわれています。

約150年前の慶応三年(1868年)、神戸では新たに神戸港が開港され、諸外国との貿易の幕が開けました。
京都の茶の里である南山城和束村にて宇治茶の製造・卸を営み、松平家のお抱え商人であった「放香堂」は、明治七年(1874年)に神戸・元町にて宇治茶の輸出・小売りを行う店を開店。
また、並行してコーヒー豆の輸入も手掛け、​明治十一年(1878年)日本で初めて「店頭でのコーヒー飲用自由」を謳った​新聞広告(讀賣新聞)を掲載するに至り、「日本最古のコーヒー店」といわれる所以となっています。

現在の放香堂加琲店も変わらず、こだわりの豆と挽き方で人気を呼び神戸観光の憩いの場として、また珈琲通のお土産としても喜ばれています。
※看板のロゴ「放香堂加琲」の中の「加」は現代とは使い方が違いますが、この木版画の中で使用されている当時の使い方に倣っています。

【お届けについて】
お届け:ご注文日から発送まで最大2週間ほどかかる場合がございますので、ご理解の上ご購入ください。

※在庫状況により、上記ご案内より日数をいただく場合がございます。
※メーカー等の都合によって、商品の色・デザイン・仕様などを予告なく変更する場合がございます。
※賞味期限は製造から1年間です。

【同梱について】異なる商品との同梱はできません。
【複数住所へお届け希望の場合】 1回のご注文で複数住所へのお届け指定をすることはできません。お手数ですが、お届け先毎に1度ずつご注文をお願いします。

「なぜ神戸の珈琲店と長谷工が?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は長谷工の創業の地も兵庫なんです。 おうち時間が多くなっている昨今、おうちで本格的な珈琲を楽しまれる方が増えているとお聞し、“いま”と“昔”のコラボレーションを企画しました!ぜひ、歴史を感じながらご賞味ください!
ショッピングカート
【営業時間】平日10:00~18:00
【定休日】土・日・祝は定休日のため発送業務・メール業務・電話対応はお休みさせていただきます。
お問い合わせなどの返信は、3営業日以内にメールでご対応いたしております。
営業時間外のお問い合わせに関しては、翌営業日以降に順次ご対応させていただきます。
Copyright ©and.Racine ~つなぐオンラインショップ All Rights Reserved.